妊娠中や授乳時期のレーシック

レーシックについての口コミサイトが最近多くなってきましたが、これはまさに必見の情報サイトと言えるでしょう。
ただし中には悪質なレーシッククリニックへの誘導サイトも存在しているので注意が必要です。 妊娠中や出産直後の女性であれば、決して焦る必要はありません。
授乳が終わった時期に落ち着いてからレーシックの手術を受けるようにしましょう。

 

レーシックの手術が終わった後に使用される点眼は、少量ですが体内の赤ちゃんに吸収されてしまう可能性もあります。
なのでどんなにレーシックが可能と言いましても、妊娠中には避けるべきだと言えます。
レーシックの手術自体は、妊娠中や出産した直後でも、十分に受けることは可能となっているのです。
しかし、基本的にどのクリニックに行ったとしても、妊娠中や出産直後の方のレーシック手術は断られてしまうことがあります。 時代の最先端の技術によって実施されるレーシックは他の手術と比べてリスクの低い治療方法と言えます。
ただし必ずしもレーシックで視力を回復することが出来るというワケではありませんので、知識を覚えておきましょう。



妊娠中や授乳時期のレーシックブログ:17/07/25

家|ョ´・3・)ノこんてぃわぁ♪

身体の中で過剰に過酸化脂質が発生すると、
身体のあらゆる組織の老化を加速させ、
様々な病気の発症につながる恐れがあります。

過酸化脂質というのは、
活性酵素がコレステロール中の不飽和脂肪酸と結びつき、
酸化して出来た脂質の総称で、
「悪玉コレステロール」と呼ばれているものです。

過酸化脂質を作る原因としては、
「ストレス」「喫煙」「激しい運動」をはじめ、
「大気汚染」「残留農薬」「紫外線」
などが考えられています。

過剰な過酸化脂質は
肌の老化からアルツハイマー病やガンまで、
身体にもたらす悪影響は、
きわめて大きいと言われています。

例えば…
血管内に付着したり、
血管に溜まる過酸化脂質は、
動脈硬化、脳卒中、心筋梗塞などの要因に…

皮脂が酸化してできた過酸化脂質は、
皮膚の細胞を傷つけたり、アトピー性皮膚炎、
火傷の悪化、かぶれ、シミ、ソバカスなどの要因に…

身体の中の過酸化脂質を減らすには
活性酸素を抑える役割を持つ「抗酸化物質」が有効です。

おいらたちの身体には
もともと抗酸化酵素のほか、
抗酸化物質も存在しています。

しかし
身体の抗酸化機能は肥満や食生活の乱れ、
あるいは年齢を重ねるにしたがって低下します。

ですので、
ダイエットが大切ですし、
食品から抗酸化作用をもつ成分を摂ることが重要となります。

抗酸化物質をもつ食材としては
トマト、アボカド、大豆、人参、かぼちゃなどがおすすめです。

連日の生活環境を整え、
過酸化脂質を減らすことが
病気を遠ざける近道となる訳ですね。

抗酸化物質をもつ食材を連日の食べる事に加え、
健康な身体作りに励みましょう!

さあご飯食べよ〜っと。